RUN MAP チャレンジ状況

滋賀県7つの
エリア

1大津エリア(大津市)
万葉の昔から志賀の都としてひらけ、東海道の宿場町・湖上交通の要衝として栄えた大津は、近江八景で知られる風光明媚の地。
比良、比叡の連山を背に、延暦寺、三井寺、西教寺の天台山総本山をはじめ、日吉大社、石山寺など、荘厳な社寺に感動を覚えます。
大津港では、花噴水のお出迎え。湖上遊覧に出かけるもよし、湖畔をのんびり散策するもよし。
また、北部に行けば、雄大な比良山系や白砂青松の美しい湖岸線など、豊かな自然が、四季折々の趣で楽しむことができます。

2湖南エリア(草津市・栗東市・守山市・野洲市)
東海道と中山道の宿場町として栄えた湖南エリア。
今も残る草津宿本陣が当時の繁栄を偲ばせます。
美しい円錐形の姿から「近江富士」と呼ばれる三上山、
平安時代の狛坂磨崖仏や奇岩・怪岩を見ることができる金勝山ではハイキング客で賑わい、
湖岸に出れば、琵琶湖博物館やハスの群生地、なぎさ公園など、水辺のリゾートエリアが広がります。
人気のレストランやカフェなど、バラエティ豊かな飲食店も数多く、おしゃれなランチ・ディナーも楽しめます。

3甲賀エリア(湖南市・甲賀市)
紅葉狩りが楽しめる国宝の堂宇を有す湖南三山。
宿場町のたたずまいを残す水口・土山では往時を偲び、戦国の動乱を駆け巡った甲賀忍者の里では、忍びになりきり体験。
自然に包まれた山里に、無数の狸が出迎える陶器のまち・信楽で、お気に入りのうつわを探す窯元散策。
どれもこれも都会に忘れられた土の香りと自然のぬくもりを残して、人びとの心をやさしく包み込んでくれます。

4東近江エリア (近江八幡市・東近江市・竜王町・日野町)
豊臣秀次の城下町・近江八幡。風情漂う八幡掘りを囲むように、商人屋敷やヴォーリズ建築が立ち並び、レトロな町並みが人気のスポット。
近江商人のふるさと、近江八幡、日野、五個荘では、商人たちが残した足跡と、活気あふれる町の賑わいが偲ばれます。
さらに、戦国の覇王・織田信長が、天下統一の拠点とした安土。
万葉ロマンにひたる蒲生野。聖徳太子ゆかりの古代信仰の地・太郎坊宮、そして、日本三大和牛の一つ「近江牛」のふるさと。
ここには幾重もの時代の表情と、人びとの歴史が息づいています。

5湖東エリア (彦根市・愛荘町・豊郷町・多賀町・甲良町)
堂々たる三重の天守が美しい天下の名城、国宝・彦根城。大名庭園やお堀めぐりでお殿様気分を味わい、
城下町を再現した夢京橋キャッスルロードで町並み散策が楽しめます。
彦根からひと足伸ばせば、「お多賀さん」で親しまれる延命長寿&縁結びの多賀大社、秋には彩り鮮やかな天台宗の3名刹・湖東三山。
また、アニメの聖地として有名なヴォーリズ建築の豊郷小学校旧校舎群。
苔むした石垣、四季折々の花、歴史ある建築物、木々の狭間から望む琵琶湖。湖東平野に広がる風景は、まさに近江の感動絵巻です。

6湖北エリア (長浜市・米原市)
豊臣秀吉が築き、北国街道の宿場町としても栄えた長浜。ノスタルジックな町並みの黒壁スクエアは人気の観光スポットとして知られます。
また、名だたる武将たちの熱き戦いに思いを馳せる賤ヶ岳・姉川の古戦場。
やすらぎに包まれる観音の里やびわ湖に浮かぶパワースポット「竹生島」、
日本百名山の一つ「伊吹山」など、県内屈指の観光エリアは、訪れる人びとを湖国旅情へと誘います。

7湖西エリア (高島市)
比良の山並みと紺碧の琵琶湖。美しい自然が広がる高島。
湖中に大鳥居がそびえ立つ白鬚神社をはじめ、桜の名所・海津大崎やメタセコイヤ並木、畑の棚田など、滋賀を代表する名勝・景勝地の数々。
夏はウォータースポーツやハイキングで賑わい、冬は雪山ゲレンデに若者の声が響きます。
湖国の自然をそのまま残した心なごむ緑豊かな大空間が、訪れる人びとをやさしく包み込んでくれます。

滋賀県の観光地

1彦根城
ひこにゃんでも有名な天下の名城
姫路城などとともに天下の名城の一つに数えられる彦根城は、
井伊直継(なおつぐ)・直孝(なおたか)によって約20年の歳月をかけて建設され、元和8年(1622)に完成。
佐和(さわ)山城・安土城・長浜城・大津城の石垣や用材が使われました。
月明かりに浮かぶ彦根城は美しく、琵琶湖八景の1つに数えられます。
詳細はこちら⇒https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/838
ひこにゃん⇒https://hikone-hikonyan.jp/

2伊吹山
滋賀県が誇る日本の百名山
滋賀県の最高峰(標高約1377m)。日本百名山のひとつで、がっしりと構えた山容は男性的です。
岐阜県との境界をなし、山頂からは眼下に琵琶湖、比良、比叡の山々や日本アルプス、伊勢湾まで一望の大パノラマが広がります。
古くは『古事記』や『日本書記』にその名が記され、日本武尊(やまとたけるのみこと)の伝説にも登場する歴史的な山で、古来より著名な薬草や亜高山植物、野鳥、昆虫の宝庫としても有名です。
詳細はこちら⇒https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/3775

3海津大崎
華麗な800本の桜
琵琶湖の北端、海津湾の東に波食によって突き出た岩礁地帯です。
琵琶湖国定公園の中でも有数の景勝地で、「暁霧(ぎょうむ)・海津大崎の岩礁」として、琵琶湖八景の1つに数えられています。断崖が湖に迫る岬の端に真言宗智山派の大崎寺が建ちます。
 また、春には樹齢80年を越える老桜から次世代へ引き継ぐ若木まで約800本の華麗なソメイヨシノがびわ湖岸約4kmにわたり続きます。例年、見頃は4月上旬~中旬となり、近畿圏では遅咲きの桜名所として知られています。
この美しい景観を後世に継承していくため、地元「美しいマキノ・桜守の会」が中心となり保全活動にも取り組んでいます。
詳細はこちらから⇒https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/869

4比叡山延暦寺
滋賀県の誇る世界文化遺産
 比叡山に広大な寺域を持つ、天台宗の総本山。平成6年に世界文化遺産に登録されています。
奈良時代末期、19歳の最澄(さいちょう)(767-822)が、比叡山に登り草庵(そうあん)を結んだのが始まりです。
最澄が中国に留学して天台宗を開宗してからは、弘法大師(こうぼうだいし)の開いた高野山金剛峰寺(こうごうぶじ)とともに、約1200年もの間、日本の宗教界最高の地位に君臨し、この比叡山からのちに日本仏教をささえた円珍(えんちん)(814-891)、円仁(えんにん)(794-864)、慈円(じえん)(1155-1225)、源信(げんしん)(942-1017)、法然(ほうねん)(1133-1212)、親鷲(しんらん)(1173-1262)、一遍(いっぺん)(1239-89)、道元(どうげん)(1200-53)、日蓮(にちれん)(1222-82)などの傑僧(けっそう)を輩出しています。
詳細はこちらから⇒https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/58?active=spot

5近江神宮
「ちはやぶる」で人気を博した、百人一首のメッカ
近江神宮は第38代天智天皇をお祀りし、天智天皇の古都・近江大津宮跡に鎮座しています。
全国16社の勅祭社の1社であり、4月20日の例祭には天皇陛下の御名代として宮中より御勅使を御差遣いただいています。
近年は百人一首競技かるたが「ちはやふる」などの漫画やまたドラマでも取り上げられるなど、ことに正月の名人位クイーン位決定戦はよく知られるところとなってきました。
境内には奉納された板かるたの額も展示されています。
詳細はこちら⇒https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/1200

びわ湖でレジャー

1琵琶湖博物館
人と湖がテーマの体験型博物館
「人と湖」をテーマに、琵琶湖の生い立ち・人と生き物との関わりについて家族で楽しみながら学べる「体験型」博物館です。
淡水の生き物の展示としては日本最大級の水族展示は、2016年夏にリニューアルしてパワーアップ。関西ではここでしか見られない大人気のバイカルアザラシは必見です。
詳細はこちらから⇒https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/718

2ビワイチサイクリング
びわ湖一周サイクリング
自転車で琵琶湖1週を楽しむレジャーです。
詳細はこちらから⇒https://biwaichi-cycling.biwako-visitors.jp/

3琵琶湖クルーズ
日本一の湖を船で周遊
琵琶湖の遊覧には、さまざまな船舶が周航。周遊コースやイベント、パーティなど目的に応じて楽しめます。
船一覧はこちらから⇒https://www.biwako-visitors.jp/spot/search?categories=501

4水泳場
びわ湖で泳ごう
堅田から志賀にかけての琵琶湖は水質が良くレイクリゾートの拠点として親しまれています。多くの水泳場が並び、夏にはマリンスポーツを楽しむ人でもにぎわいます。
詳細はこちら⇒https://www.biwako-visitors.jp/spot/search/spot?categories=304

5びわ湖バレイ/びわ湖テラス
びわ湖をパノラマで望む絶景
麓からロープウェイで約5分。琵琶湖をパノラマで望む山頂には、
世界中からお客様が訪れるびわ湖テラスや、大人から子供まで楽しめるアクティビティ、
眼下に琵琶湖を見下ろし自然を満喫できる高原エリアが広がります。
詳細はこちらから⇒https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/1054?active=spot

滋賀県 特産品・おみやげ

1鮒ずし
滋賀県のお寿司といったらこれ!
「なれずし」の一種で、現在の寿しの源流とも言われています。
ニゴロブナは春先に塩漬けにし、土用の頃に塩を抜き、ご飯に漬け込んで、乳酸発酵がすすんだ正月の頃、ハレの日のご馳走として楽しまれてきました。
昔から滋養強壮やお腹の薬代わりにも食べられ、手間ひまをかけて、独特の絶妙の旨味をもつものに加工していきます。
一覧⇒https://www.biwako-visitors.jp/spot/search/shop?categories=712

2陶器
NHK朝ドラ「スカーレット」の舞台にもなった滋賀県の陶器
日本六古釡の一つ、狸の焼物で広くに知られる「信楽焼」はじめ、琵琶湖ブルーをイメージし、
“福”が籠もるフクロウのモチーフが人気の「唐橋焼」、同じく琵琶湖をイメージした“水茎青磁”で知られる「水茎焼」をはじめ、八田焼、膳所焼、近江下田焼、湖東焼など、県知事指定伝統的工芸品として江戸時代から受け継がれてきた陶器があります。
信楽焼一覧⇒https://www.biwako-visitors.jp/spot/search/shop?categories=803
陶器・ガラス一覧⇒https://www.biwako-visitors.jp/spot/search/shop?categories=811

3銘菓
和菓子から洋菓子まで、滋賀県は銘菓の産地
白砂糖をのせたあんころ餅「うばが餅」、きめ細かこし餡の入った餅「糸切餅」、
小豆餡と小麦粉や米粉の練り混ぜて竹の皮に包んで蒸し上げた「でっち羊羹」、大津の名水・走井のほとばしる水滴を表現した東海道名物「走井餅」など、近江のもち米と名水がさまざまな銘菓を生み出しました。
また、バームクーヘンなど、全国ブランドの洋菓子も人気を集めています。
一覧⇒https://www.biwako-visitors.jp/spot/search/shop?categories=701

4近江米
滋賀の豊かな自然から生まれたお米

滋賀県でとれるお米を総称して「近江米」と呼びます。
多くは「コシヒカリ」、「キヌヒカリ」、「日本晴」ですが、滋賀県が独自に育成した「みずかがみ」、
「秋の詩」、「ゆめおうみ」、「レーク65」など、たくさんの品種が栽培されています。
豊かな自然に恵まれた滋賀県は、米づくりに最適の環境といわれており、その優れた品質と生産量の多さから米の名産地として高い評価を得ています。
一覧⇒https://www.biwako-visitors.jp/spot/search/shop?categories=703

5近江の酒
水よし、米よし、気候よし、の滋賀県のお酒

滋賀県は、東の伊吹山地、鈴鹿山地、西の比良、比叡山地に囲まれた古くからの穀倉地帯で、
県産酒の多くは、これらを源とする地下水で仕込まれています。水よし、米よし、気候よし。
近江はまさに酒造りに最適な地として育まれてきました。
琵琶湖岸には古くから水陸交通の要所が多くあり、たくさんの造り酒屋も栄えてきました。
個性豊かな多くの蔵元によって、それぞれ違う特有の味わいある風味をお楽しみいただけます。
一覧⇒https://www.biwako-visitors.jp/spot/search/shop?categories=705

滋賀県のグルメ

1近江牛
日本最古のブランド和牛
近江牛は400年の歴史のある日本最古といわれるブランド和牛です。
豊かな自然環境と水に恵まれた滋賀県で、長く飼育された黒毛和種を指し、その誇りと伝統、情熱は現代に引き継がれ、最近では海外へも輸出されて高い評価を得ています。
特徴は、なんといってもその霜降り度合いの高さ。
芳醇な香りとやわらかさをもち、口に入れたとたんに広がるとろけるようなおいしさは、一度食べたら忘れられない味です。ステーキやすき焼き、しゃぶしゃぶなどでお召し上がりください。
一覧⇒https://www.biwako-visitors.jp/spot/search/eat?categories=606

2伊吹そば
そば発祥の地
通説によると、そばは8世紀頃、滋賀の伊吹山で最初に栽培されたといわれています。
現在、多賀町や米原市、高島市を中心にそばが栽培されており、それぞれ「多賀そば」、「伊吹そば」、「箱館そば・今津そば」として各地域で親しまれています。
そば茶やクッキーなどの加工品も販売されています。
9月末から10月初めまで、そばの産地では白い花が広がり、まるで雪景色のようです。
一覧⇒https://www.biwako-visitors.jp/spot/search/eat?categories=609

3サラダパン
滋賀県のご当地バン
ご当地パンの草分けとして、1951年から作り続けられ人気を集めているロングセラー商品です。
ふっくら焼き上げられたコッペパンとマヨネーズ和えの千切りタクアンとのオリジナルなマッチングが話題となり、
映画にも登場するなど、滋賀の名物として知られるようになりました。

4鴨鍋・鴨すき
寒い冬はこれ!
一覧⇒厳しい自然の中で育った天然真鴨のひきしまった身は、鍋物や鴨すきにぴったり合う、湖国・冬の食を彩る逸品です。
一覧⇒https://www.biwako-visitors.jp/spot/search/eat?categories=601

5小鮎・湖魚料理
琵琶湖の恵みの郷土料理
琵琶湖で育まれたコアユやホンモロコは、骨が柔らかく丸ごと佃煮や天ぷら、南蛮漬けとして美味しくいただけます。
スジエビは大豆と甘辛く煮たエビ豆は郷土料理として古くから親しまれてきました。
一覧⇒https://www.biwako-visitors.jp/spot/search/eat?categories=601